■ 住まいの徒然 ...

 
 
 
     SINCE 2006.06.22 〜   BY YOSHIDAGUMI CO.


  ■ 結露について

   住まいの悩み相談等のホームページを拝見していると、結露に関する悩みがかなり多い様
   に思わわれます。特に本州の温暖な冬(こちらから見れば)に結露で悩まされているとい
   うのは信じ難いものがあります。


   結露は、水分を含んだ空気が冷やされたとき発現します。逆に言うと、
    @水分を含まない空気が冷やされても結露は発現しません。
    A水分を含んだ空気でも冷やされなければ結露は発現しません。


   <冬の結露でお悩みの方へ>

   結露は、室内の空気中の水分(水蒸気)が断熱の弱い部分で冷やされることによって発生
   します。つまり、空気中の水分量を減らして、断熱の弱い部分を断熱補強すれば結露を抑
   えることが出来ます。

    @室内で水分を発生させない。    (室内の湿度を上げない)
    Aポータブルの燃焼器具は使用しない。(大量の水分ガスが発生し、人体にも有害)
    B外気との換気を促進する。     (冬の外気は、巨大な除湿器です)
    C必要以上に室温を上げない。    (外気温との差を少なくする)
    D窓などの開口部を断熱補強する。  (アクリル板等を利用し、表面温度を上げる)
    E物理的、あるいは機械的に除湿する。(除湿剤、除湿器等を利用する)

    ※最も効果的な結露解消法は、排湿用の熱交換型の換気扇を取り付けて外気と換気する
     ことです。(熱交換回収率は70%以上です)
    ※この方法と、上記@〜Eを組み合わせれば、結露はほとんど解消するハズです。

    
 
   <冬の過乾燥でお悩みの方へ>

    過乾燥(異常な低湿度)の場合は、換気過剰の状態か、もしくは室温が高すぎます。
 
 
 
 
 
 
  ■ シックハウスについて

   シックハウス(シックハウス症候群)の原因は多岐にわたっていますが、大きく分けて、
   室内環境(温湿度)、あるいはVOC(揮発性有機化合物)に起因するアレルギーが原因
   であると言われています。


   室内環境に起因するアレルギーは、カビ、ダニ、細菌などの微生物が影響しています。
    @ 乳幼児の適正な皮膚表面の湿度は、60%前後
    A ダニが繁殖できる条件は、温度22℃〜30℃、湿度60%〜80%
    B カビが繁殖できる条件は、温度25℃前後、湿度70%前後

   ※一般的に、湿度が高くなると細菌類の繁殖域、低くなるとウイルス類の繁殖域と言われ
   ています。人間と違って、これらの微生物は、温度と湿度に非常に敏感で、繁殖出来る温
   湿度環境(条件)の許容範囲は、非常に狭いものです。

   このことから、望ましい住宅とは、快適な室内環境を実現した結果として、自然に違和感
   なく、<室温が16℃〜22℃、湿度は30%〜60%> に維持される住宅です。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   VOC(揮発性有機化合物)に起因するアレルギーは、室内(建材、塗料、接着剤、家具
   家庭用品、開放型燃焼器具、タバコなど)から発生する揮発性の有機化合物(化学物質)
   が影響します。室内から発生する化学物質は、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンな
   ど100種類以上存在していると言われています。

   これらの化学物質の発生を防ぐには、発生源を室内に持ち込まないことは当然ですが、発
   生源は建築材料以外にもあり、すべての発生源を特定するのは難しいのも現実です。これ
   らの物質は、長期間に渡って少量ずつ空気中に揮発し続け、ある濃度に達するとアレルギ
   ー症状を引き起こします。

   これらの物質の室内濃度を下げる最も有効な手段は、外気(大気)と「換気」することで
   す。ただし、この手段が有効となり得るのは、24時間365日連続的に行われているこ
   とが条件です。何故ならば、これらの物質は連続的に揮発しているからです。


   ※VOC(揮発性有機化合物)とは、沸点範囲50〜260℃の有機化合物の総称で、空
   気中の濃度が高くなってくると様々な症状のアレルギーを引き起こします。場合によって
   は命に関わることもあります。


  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 
 
 
  ■ 情報の氾濫?混乱?

   最近本州の巷では、住宅の優劣を「断熱方法」で競い合うような、情報合戦が繰り広げら
   れているように思われます。

   ※住宅の断熱方法は、この地球上では次の3つの方法以外に選択肢は有り得ません。

    @内(側)断熱
    A外(側)断熱
    B充填断熱(填め込み断熱)
 
   例えば、@がダメだからAorB、Aがダメだから@orB、Bがダメだから@orA、...
   と言っているようなものです。


   住宅の優劣は、「断熱方法」だけで決まるほど単純なものではありません。
   「断熱方法」は、住宅を構成する重要な要素の内の1つにすぎないのです。


   どの断熱方法にも一長一短があります。ごく当たり前のことですが、どの断熱方法を採用
   するにしてもその特性を良く理解して、長所を生かし短所をカバーする知識と技術を持っ
   ているのが「プロ」というものです。
   住宅の優劣は断熱方法や工法で決まるのではなく、施工の内容、結果で決まるものです。


   プロは、中途半端な理論や知識で素人を混乱させてはいけません。



    < 最近の風潮に一言...でした >
   


  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                   ※ただいま超多忙のため、HP更新を休止しております。



  ■ 雪処理について





  ■ 暖炉のはなし





  ■ 薪ストーブのはなし





  ■ 豊かな暮らしって?





  ■ 暑さと寒さ、どっち?





  ■ 東京発





  ■ 東京発−2